スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時短を考える事も支援には重要と思ったこと

今回犬班Aさんに福猫舎に行きたいと言ったのは
(福猫舎さんはボラを募集していません)

ワタシが寄付をしてきた今までのシェルターの実際を見て
(現地ボラに何カ所か参加しています)
本当に今必要としている物の支援を呼びかけていなかったり
支援された物を使い切れなくてもまだ呼びかけていたり
支援金をその目的に使わずに不透明なままにしていたり

納得いかないままに支援を続けることができなかったからです



まるちゃんも犬班Aさんも
少しだけでも2011年に面識があった為
本当は自分たちの思うように時間がとれなくなるので
迷惑だったかもしれないけれど
訪問を歓迎してくれました

行くからには今彼女たちがひとりでしているよりも
手がかかる状態にならない為 自分たちなりに考えました



作業中の話からぽろっぽろっと
もう少し効率よくする方法のアイデアが出たりします

自分たちで送ったモノも実際に見てきました

フードや猫砂などに関してはすごく綺麗に大事にしまわれて
無駄にすることはないと思います



ただ 普通のおうちのネコちゃんへのプレゼントだったらうれしいけれど
シェルターの場合は数が数ですので
後で使うモノとしてはじかれているモノがあったりもします



例えばワタシのところに届いたモノの中で
丁寧に1枚ずつパッキングしてあるペットシーツがありました

ワタシはそのまま送ったのですが 今回見たら
やはりそのままの状態で置いてありました
使いにくいですからね

(-_- )うーん 反省

チョミさんが1枚1枚出してまとめてくれました
これならすぐ使えます



試供品も送られていました
もちろんワタシだって試供品だって使えるよねって思います
1枚にはかわらない

でもその1枚を使う為の手間がかかる

試供品って結構ちゃんとパッケージに入っているんです
パッケージを開ける手間

その袋と中に入っている説明書を捨てる手間



もらう立場で贅沢だと言われるかもしれません
彼女たちはまったくそんな事言っていません



でも考えたら100枚パックのモノだったら開けるのは1回
100枚分の試供品を開けるのは100回

寝る暇もなく動き詰めの彼女たちがそれをするのは
とても時間の無駄ではないか・・・



これを考えずに送ったワタシが自分の送ったモノに再度
出会ったことで知った事でした
これは来なければわからなかった



冬は作業で手もガサガサボロボロで
それでもネコ達が舐めるからあまりいろいろなもの塗れなくて
そんな話は一緒に食事をしながらポロリ



昼間外での作業ではみんな蚊に食われて

まるちゃんがひょいとめくったすねは
もう変色している虫食いの後

皮膚が弱いからって笑うけど
蚊にくわれてかいいかいいといいながら
それでも誰も作業の手を留めない~

虫除けスプレーもしてるんですよ
でも蚊の方がスゴイ!

もうそんな状態で自分たちも作業していたら
少しでも早く外の作業は終わらせられるようにって考えられる



その後休憩中には
缶詰はうれしいけれどって話し

例え60匹の猫たちの半分の数30コの缶詰にしても
缶を開けて蓋を外して 中身をすくって 洗ってゴミに出す
30缶だったら10日で300缶 30日で900缶
まあちょっと追加があって1月1000缶

ワタシはいやだぁああああ  w(ToT)w

でも
うれしいけれど
缶詰を洗って捨てるのが大変で
良くフチで手を切るし・・・ とAさんは別に普通の感じに言うんです

考えたら洗う水道代 時間もバカにできません
その手間と大変さを知ったら

特に缶詰しかないような処方食はのぞいて
他のモノはパウチにしてあげれば手間は減るよねとか
気づくことができます



少しでも彼女たちと同じことをすることで
ただ支援すればいいのではなく
同行のチョミさんも言う
今現在のニーズにあった支援ができる



いったいいくつの作業工程を毎日こなしているか
わからないほどのことを彼女たちはしているのだけれど

6つの作業工程で
各10分の時間が減れば1時間多く休んでもらえる


近くでしょっちゅう行って手伝うことができないもどかしさは
山ほどだけど
まだ今していることの他にも自分たちにもできる事があると気づかされます



ペットシーツのパックはなるべくたくさん入っているモノ
同じようなフードだったらゴミが減らせる梱包のモノ

おしゃれで小袋に入ったおやつは
普通のおうちだったらネコ達もうれしい物かもしれないけれど
60匹のネコにあげるのは大変な作業になってしまうこと

一箱に同じ種類のモノを原則にして
届いてすぐ中身が開けられなくても
使いたい時にすぐわかる状態にしてあったら
ぱっとみてそのまましまうことができること



ショップでも伝票以外に外箱に中身を明記してくださいと言ったら
してくれるところもありました

こういった小さな気遣い重ねていくことで離れたところにいても
時短活動に参加できる

ただ送っただけで満足してはいけないと
気づくことができた訪問でした


スポンサーサイト
TEAM RAINBOW PROJECT

みっくす☆ジュース


RAINBOW PROJECT HP


RAINBOW PROJECT BBS

プロフィール

reinyan

Author:reinyan
東日本大震災 動物救援プロジェクトチーム
RAINBOW PROJECT

活動に参加してくれる方は 全てチームの一員です

がんばろう
一人にできる事は小さな事でも
みんなが集まれば何にも負けない大きな力になるはず

一人一人が無理せずにできる範囲で精一杯のことを!!

1匹でも多くの動物を助けるために私達は活動します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。